宴会について詳しくなりたい方必見のサイトですよ。
ほーむ幹事さんにアドバイス幹事さんへの7つのポイントゲーム主催者の心得宴会ゲーム集宴会グッズお問い合わせ
宴会グッズと宴会向上委員会

幹事の為のポイント

司会と言うのは、皆さんあまり経験がないですよね。経験があっても、一度や二度くらいではないかと思います。それでは緊張をしてしまうのは当たり前です。ですので、少しでも緊張がほぐれるように、ポイントをまとめてみたいと思います。

緊張をするのは当たり前だと思う

司会や、幹事と言うのは、それを仕事にしている人以外は、不慣れです。不慣れなら当然緊張もします。
これは当たり前だと思うようにしましょう。
ですが、いつまでも緊張するのは当たり前だと考えていては緊張がほぐれる事はありません。
少しでも、本番までに緊張を少なくしておく為に、事前の準備などをきちんとしておく必要があるのです。

きちんと準備をしていれば、それが自信にも繋がりますし、緊張もその分少なくなると思います。

話す時のポイント

口よりも目が大切

口で、話をするのですが、その前に、目で自分の感情を出しているのを知っていましたか。
試しに、人と話をするときに、目をつぶって言葉だけを普通に話してみて貰って下さい。一定の話し方ではどんな感情かわかりません。しかし、同じ話し方でも、目を見ると、目を見ていない時よりも相手の感情が分かるのです。

ですので、司会の時も目は感情を出すと言う事を頭に入れておいて下さい。
また、話をする時は、一点だけを見て話をするのは辞めましょう。きちんと回りをゆっくりと見て回るようにしましょう。だからと言って、ずっと回りをぐるぐるみてはおかしく見えてしまいますので、気を付けて下さい。
そして、話をするスピードもいつもよりもゆっくりと話をするようにします。緊張をしていると気付かないうちに話すスピードが速くなってしまいます。

感情を込める

お祝いの言葉を言う時や、残念だったと言うときなど、言葉を棒読みのような言い方では感情が全然はいりませんので、聞いている方は何この人と思ってしまいます。多少大げさでもいいですので、感情を入れて言うようにしましょう。
司会者の人が言う言葉は全員が聞いています。それも理解するようにしましょう。

立ち方や、身だしなみ

固すぎず、崩しすぎず、清潔に

司会だからと言っても、あまりにもピシッとしすぎていては、なんだか固い雰囲気になってしまいます。
だからと言って、崩し過ぎもだめでしょう。少し難しいかもしれませんが、少しフォーマルな身だしなみをするといいと思います。ビシッとスーツを着るのではなく、明るい色のスーツを着てみたり、ジャケットは脱いで、ネクタイの代わりに蝶ネクタイを付けてみるなど、少し遊び心があってもいいと思います。

だらだらとした姿勢はNGです

司会になれていない人ほど出てくる事ですが、目がきょろきょろしてしまったり、手がモゾモゾしたり、足も落ち着きがない立ち方になります。
自分ではあまりしていないつもりでも、回りから見ると結構目立ちます。これでは参加者は不安に思ってしまいます。

ですので、司会の人はまず無駄に元気をだすようにしましょう。そうすれば以外と緊張がほぐれたりもします。
堂々とたつようにして、視線をキョロキョロしないようにしましょう。
キョロキョロする人は人を見るのが苦手なのかもしれません。そんな時には、机の真ん中を見るようにしましょう。そうすれば、人と目が合う事もないと思いますし、キョロキョロすることも少ないと思います。
宴会が始まる前に、回りを良く見るようにしましょう。場の状況を知る事が出来れば、緊張もほぐれてきます。

最後に、自分の癖を知っておく事も必要です。クセは自分では気付かない事もありますので、人に何かクセがないか確認をしておくのもいいでしょう

上手くマイクを使う

司会をした事がない人でも、マイクを持った事がないと言う人はほとんどいないと思います。カラオケが普通に行けるように鳴っていますので、一度や二度ぐらいは使った事があると思い。
ですが、このマイクの持ち方も気を遣う部分でもあります。
カラオケと同じマイクの使い方ではダメなのです。

マイクをもつ位置

まず、マイクを持つ位置ですが、マイクは口から10センチは最低でも離すようにしましょう。宴会場などのマイクと言うのは、性能がいいですので、小さな音も拾ってくれます。ですが、マイクが近いと自分の鼻息までも拾ってしまうのです。これでは聞いている人はイヤな気持ちになってしまいます。
ですので、最低でも10センチは離すようにしましょう。
あとは、実際の会場でマイクテストをした時にどの位置がいいのかを確認するようにするといいでしょう。

マイクの持ち方

マイクの持ち方も大切です。持つ角度によっては音を拾わなかったりもするからです。
まずは、しっかりと持つ事を意識して下さい。
次に、角度ですが、口からマイクが生えている気持ちで角度を意識すると良いでしょう。
持つ場所なのですが、マイクの丸い部分に近すぎたり、下を持ちすぎていたりをしないようにして下さい。
棒の部分の真ん中辺りをしっかりと持つようにしましょう。

ハウリングを防ぐ

カラオケによく行く人は分かると思いますが、スピーカーから大きな音でキーンとなることがあると思います。
これがハウリングといわれるものです。これが起きてしまう原因と言うのは、スピーカーによって出てきた音がまたマイクに拾われてしまうからなのです。

ハウリングをふせぐには

  • スピーカーの近くでマイクを使わない
  • スピーカーの音量を大きくしない
  • マイクテストでハウリングが起きない場所を探しておく

 

Favorite

HIS
http://www.his-j.com/

最終更新日:2017/2/9

NEXT>>まだまだ続くよ
▲ページトップ

宴会グッズと宴会向上委員会
ホーム宴会の幹事さんワンポイントアドバイス宴会の幹事さんの自信がつく7つのポイント1宴会で自信がつく7つのポイント2
宴会ゲーム主催者の心得宴会ゲーム集宴会グッズ(初級編)宴会グッズ(中級編)宴会グッズ(上級編)お問い合わせ|リンク
copyright 宴会向上委員会 All Right Reserved