宴会について詳しくなりたい方必見のサイトですよ。
ほーむ幹事さんにアドバイス幹事さんへの7つのポイントゲーム主催者の心得宴会ゲーム集宴会グッズお問い合わせ
宴会グッズと宴会向上委員会

ゲーム主催者の気持ち

ゲームは宴会でやると盛り上がります。しかし、その盛り上がり具合は事前の準備にかかってきます。どれだけ事前の準備がしっかりとされているかで盛り上がるか、しらけてしまうかに別れるのです。

ゆとりのある打ち合わせ

打ち合わせはなるべく早めに始めるようにしましょう。司会の人と、幹事と、ゲームを考える人で打ち合わせを進めて行きます。
3ヶ月前から始めるのはギリギリだと思います。毎日打ち合わせをする事が出来るわけではありませんので、
なるべく早くから始めて、宴会当日に慌てないようにしましょう。

打ち合わせをする時

  • どんなゲームをするのか考える
  • 事前に決める参加者は誰なのかを考える
  • 実際の会場で出来るのかどうかを考える
  • 時間なども考える
  • 実際の会場の様子を見る

8割ぐらい固まったら、一度リハーサルをしておく事も必要かもしれません。思っていたよりも時間がかかるゲームや、時間が余ってしまうゲームもあったりします。

プログラムを作る

流れが決まればプログラムを作っておきます

プログラムは2種類準備しておくようにしましょう。
1つはみんなが見るような。内容と時間、その時に参加をする人たちを書いておきます。
もう一つは、司会や、進行係の人が見るプログラムで、これには、内容・時間・参加者の他に、必要な道具や、所用時間。など細かい説明を書いておくようにするのです。
こうしておけば、当日慌てることが少なくなると思います。

ゲームの進める順番などを確認しておく

本番では、予想外の事が起きる事もあります。ですので、出来るだけスムーズに進めていく為にも、しっかりとした準備が必要なのです。

1.ゲームを考える

参加をする人を考えて、どのようなゲームにしたらいいのかを考えます。
年齢や、男女の比率によっても出来るゲームや出来ないゲームが出てきます。

2.必要となる道具を揃える

道具を揃えるのは、大変なことです。1人では間に合わない事もあります。何人かに手伝って貰うといいでしょう。

3.一通り練習をしておく

きちんと練習をしておかないと、いざと言う時に説明が出来なかったり、スムーズに進行をする事ができない事もあります。また、道具の使い方も事前に覚えておかないと、場をしらけさせてしまうかもしれません。

4.時には修正をする  

練習をすれば必ず、修正をする箇所が出てきます。それを直していきながら、一番スムーズでさらに楽しくできるように考えていきます。

5.仕上げる 

最後に、一通り予行演習をしておきます。この時は、司会の人とも協力をして、一緒に本番のようにしていきます。それで、流れなどをしっかりと確認をしておくのです。

あいさつではマナーも大切

宴会では、少しいつもよりも場が砕けていますので、軽い気持ちになってしまいがちですが、そのような場でも、マナーは大切にしていないといけません。
間違えていけないのが、挨拶をする人の名前や、肩書きです。これを間違えるととても失礼です。
間違えないように、しっかりと確認をして、名前もフリガナを振っておくといいでしょう。
また、座る席も確認をしておくといいと思います。

ゲームをする時の注意点

折角時間を掛けて準備してきたゲームも本番できちんと出来なければ意味がありません。失敗を防ぐ為にも、次のような事には最低でもきをつけるようにしましょう。

  • ゲームを紹介する時や、ルールを説明する時は、ゆっくりと話すようにしましょう。回りが何度も聞き返すような説明では、スムーズな進行はできません。

  • 全員が参加できるようなゲームにしているかは大切です。

  • 出来るだけ全員に参加してもらいたいですが、強制ではないですので、無理強いをするのは辞めましょう。雰囲気が悪くなってしまう可能性もあります。

  • ゲームの時間が長くなってしまうと、見ている人はしらけてしまいます。長すぎず、

  • ゲームが終われば、参加者や、優勝者をたたえる為にも、拍手をするようにしましょう。

 

check

Last update:2014/10/10

▲ページトップ

宴会グッズと宴会向上委員会
ホーム宴会の幹事さんワンポイントアドバイス宴会の幹事さんの自信がつく7つのポイント1宴会で自信がつく7つのポイント2
宴会ゲーム主催者の心得宴会ゲーム集宴会グッズ(初級編)宴会グッズ(中級編)宴会グッズ(上級編)お問い合わせ|リンク
copyright 宴会向上委員会 All Right Reserved